アクセス集中にも強いクラウドサーバの魅力

クラウドサーバが最近非常に話題になっています。
今までサービスや業務ごとにサーバを分け、個別に管理していたものを一台のサーバで統一でき、また別々に管理していた場合と同じようにサービスを利用できるということで、特に管理コストの面で企業に与えるインパクトが大きいことから、どこの会社も積極的にクラウドサービスやクラウドサーバを導入し始めています。

プレミアコンサルティングパートナー関する情報選びといえばこちらのサイトです。

しかし、これらをさらに上手に使う方法があります。

それは、すべてのサービスをサーバに入れてしまうのではなく、比較的利用頻度の少ない、もしくは万が一サービスが停止してもあまり大きな影響のないサービスから順に格納していく方法です。

Yahoo!知恵袋の情報が更新されています。

クラウドサーバは一台で複数のサービスを仮想的に動かすことができるので、サーバ自身のメンテナンスは1台分で済むことから運用は非常に便利なのですが、万が一サーバ自身が停止した場合にはすべてのサービスが停止してしまいます。

サーバをサービスごとに分けていた際にはサーバが停止しても影響を受けるのはそのサービスだけだったのですが、クラウドサーバの場合はすべてが影響を受けるのでその影響は甚大です。

したがって、万が一のことを考慮し、重要なサービスは独立したサーバで運用することで故障の場合のリスクを抑えると同時に、運用コストも削減できます。

また、情報漏えいの観点から考えても、サーバが一台だとサーバ共通のセキュリティを破ればすべてのサービスの情報が盗まれる可能性が大きいのですが、サーバを分けると複数のサーバのセキュリティを破らねばならずそれだけセキュリティが強固になります。